アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年9月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アパートやマンションなどの不動産を持っている場合でも年月と共に空室が増えたり収益率が落ちてくる場合があります。
そのような状況のときにはリフォームを行ったり、リノベーションを行ったりしてその耐用年数を延ばすことも1つの方法としてあります。
しかし、そこまで資金投入するには古くなりすぎているとか、その資金を用意するのは容易ではないということもあります。
ましてや物件を取り壊してその土地にアパートを新築するということも考えられますが、少子高齢化の折に後を管理してもらえる人がいないという場合もあり得ます。
そんなときの取り組みとしては、物件の査定を行ってもらい、その価格が適正と思われた場合には売却してしまうという取り組みも見られます。

専門家とは

物件を売却するに当たってはその相場がいくらぐらいなものかを知っておくと何かと効率的に物事を運べるようになります。
サイトにおいては首都圏エリアを中心に全国の主だった物件の査定を行っているところがあります。
その査定は投資家からも注目されることでもあり、概算ではなく適正な価格を知る必要があります。
このようなときには不動産鑑定士という不動産鑑定の専門家が存在します。
物件においてはそれぞれ価格形成における一般的、地域的、個別的要因があり、正常、限定、特定、特殊価格も存在し、原価法という再調達原価を求める方式、多くの取引事例を集めて事情や時点補正を行う方式、将来生み出すであろう純利益の合計額を算定する収益還元法という3つの方式を併用して出すことになります。

売却のサービス

アパートに関する査定では、不動産鑑定士に依頼するのも1つの方法ですが、これはその規模によって有料の鑑定料がかかってきます。
その額も少なくはなく、もっと安くこれが出来ないかという疑問も感じられると思われます。
サイトを探せばこのような物件の一括無料の査定を行っているところがあります。
短時間で一度に概算価格を知ることが出来ます。
売却したい物件の存在する都道府県を選択し、市や区、郡を指定します。
次に物件の種類を特定して希望価格も入力しておきます。
さらに所在地の詳細や構造種別、築年数、それぞれの間取りの戸数の合計、建物の面積と土地面積、階数、総戸数、空室の数、満室時の想定年間収入、現況年間収入、査定物件との関係、売る理由、物件写真、その他の個人情報を記入して送信すると後から通知されて来ます。

オススメリンク

不動産売却を福岡で行うならこちらをチェックしてみてください!:不動産売却会社コンプリートガイド【福岡版】

購入後の工夫

一棟売りを購入する際にはリフォームが可能かどうかを検討したうえで購入すべきです。リフォームが可能な売却物件であ…Read more

物件の注意点

不動産投資を検討する際には投資資金によって購入対象物件が限定的になる場合があります。潤沢にあれば事務所や商業施…Read more

関連リンク